• オヤジ☆ブログ【シャブレ・ジブレ】

逆算

 スタジオに入ってみたはいいけれど、この先、本当に自分がフォトグラファーになれるのか不安、という人がいるそうです。そういった人は、ゴールから逆算して考えてみてはいかがでしょう?

Q1:カメラマン、フォトグラファー、写真家、呼び名はなんでも構わないけど、それを職業としていきたいと考えている?

Yes:↓(Q2へ)

No:ご興味ありましたら、以下もお読みください。

 

Q2:自分はすでにそれに必要なセンスやスキルや人間関係を持っている?

No:↓  

Yes:お世話になります。今後ともよろしくお願い致します。

 

Q3:それを手にいれるために、この人こそと思えるカメラマン(フォトグラファー・写真家)の師匠を見つけ、アシスタントになろうと考えている?

Yes:↓  

No:(マネージメント的にいえば、確率的にはハイリスク・ローリターンになる可能性が高い選択です。こちらに関しては、また別の機会に。)

 

Q4:意中の師匠候補が、アシスタントに対して求めるスキルレベルを自分は充分満たしているといえるか?ただし、「自分的にわかっているつもり」ではなく「実際の撮影現場で任されたことに対し自分が全責任を負えるか」という観点で答えよ。(注意:スタジオ経験期間の長さと、アシスタントスキルの高さを混同しないように。誰もが比例しているとは限りません。)

No:↓   

Yes:スタジオの経営上は重宝な存在ですから、しばらくはどこのスタジオもあなたを優遇してくれるはずです。でも、それも見た目で自称30代前半と言っていられるくらいまででしょうか。遅くとも、それまでに自分の方向性や次のステップを見極めておかなければ先細っちゃうかもしれません。

Q5:自分に足りていないアシスタントスキルは何か?次の中から選べ。(複数回答可)。

 

① デジタルオペレーションに関わる技術と知識

② レタッチスキル

③ ライティングスキル

④ その他一般的なアシスタントワークスキル

⑤ 社会性・人間性

⑥ 社交性・チャーミングさ

⑦ アシスタントを経てカメラマンになるという覚悟

⑧ 体力への自信

⑨ 健康への自信

⑩ 言語力(日本語以外の言語でのコミュニケーションを求められる場合)

⑪ その他

ここで挙げた項目が少なくとも及第点は超えるように、今すぐ具体的な行動をスタートすべきです。スタジオに入社して、何とな~く仕事を覚えて、ポジション的にも先輩からとやかく言われなくなって、スタジオマンの経験値だけを積み重ねているだけだから不安になるんです。当然と言えば当然。

 

自分の失敗のほとんどが取り返しのつかないことにはならない今の立場(スタジオマン)のうちに、自分の失敗の芽は極力摘んでおくべきです。失敗ばかりで役立たずのカメラマンアシスタントが、師匠から極意を教わろうなんて虫が良すぎというものです。

 

以上、今のあなたの不安は、今のスタジオマンという立場のうちに、あなた自身の努力によって潰しておかなければならないとゆう話でした。そうしないと、近い将来、あなたを雇った師匠のほうが不安に襲われちゃうかもしれませんよ~。

 

 

コラム一覧に戻る