• オヤジ☆ブログ【シャブレ・ジブレ】

血液型による性格診断の科学的根拠について

 友人同士の話題に、よく血液型による性格の違いの話が出ます。A型の人の性格はどうとかB型はどうとか、日本人はA型が多いとか。

 でも、医学的には血液型と性格に何の関係性も無いのだそうです。お医者さん100人に聞けば100人が「関係無し」と答えるそうですし、論文でも証明されているそうです。

 

しかも、この血液型別性格の特徴の話題で盛り上がれる国は、世界の中でも日本と韓国くらいだそうです。それでも、あなたは血液型別性格を信じますか?

 

僕は、信じます。血液型による性格の違いは存在します。以下、その証明です。

血液型別人数(人口)構成比率

  A型 B型 O型 AB型
日本人全体 40% 20% 30% 10%
外苑スタジオ(2006年) 25% 30% 20% 25%
外苑スタジオ(2017年) 30% 20% 10% 40%

 

◎このスタジオにおいては、日本人の多数派であるA型もO型も、一度も多数派になったことはない。

◎傾向としては、B型はほぼ日本人平均。A型・O型が少ない分AB型の人が多い。

◎もちろん、採用に至るまで血液型情報を収集したことはない。

 

 

【結論】

① 血液型の事前情報無くスタッフを採用しているにも関わらず、日本人の平均的血液型構成分布とは常に(約10年前も現在も)かけ離れている。

② 分布には一定の傾向がある(A,O型が少なく、AB型が多い)。

③この傾向は、このスタジオに限られるものなのか、フォトグラファーを目指す人のものなのかは不明。

 

以上の結果は性格的な違いが存在するという結論以外に、説明のつかない傾向である。よって、血液型による性格の違いは存在する。

 

 

外苑スタジオ(この業界?)における血液型別、採用されやすい度

  A型 B型 O型 AB型
日本人全体 40% 20% 30% 10%
外苑スタジオ内平均 27.5% 25.0% 15.0% 32.5%
採用されやすい度

(1未満はされにくい)

(1以上はされやすい)

0.69 1.25 0.5   3.25

以上は、100%冗談です。それぞれのデータにウソはありませんが、結論は統計学的誤差をまったく考慮せずに導き出したものであり、信頼性は全然ありません。血液型がAB型の人は、A型の人より4.7倍採用されやすいなんて、たまたまそうだっただけです。

 

ただ、良く言えば “個性的な人たち” 、構わず言えば “変な人たちばっかし” と言われがちな、このスタジオのスタッフです。その理由を問われれば、「血液型」ってわかりやすい理由なんですけどね~。

 

 

お後はよろしいでしょうか? A型なんで決断苦手なんです。

 

 

 

コラム一覧に戻る