• オヤジ☆ブログ【シャブレ・ジブレ】

情熱ロケ

先日、スタッフのJが、目をキラキラさせながらロケから帰ってきました。自分のアシスタントさんだけでなく、外部のロケアシスタントに対しも、厳しく情熱的に指導・叱責して頂けることで有名なフォトグラファーさんのロケで、いい話をたくさん聞いてきたようです。

 

以下は、Jが聞いた、フォトグラファーさんの語られた16の熱い想いです。

 

  1. お前は弱音を吐くな。愚痴を言うな。職場の8割は仕事の出来ない弱音や愚痴を吐くやつらだ。実際、仕事ができるのは2割くらいしかいない。そいつらは弱音も愚痴も吐かない。ただし、仕事には雑用が付き物だ。その雑用のためには8割のやつらも必要だ。お前は2割になれ。
  2. 全てに感謝する心を持て。今日、こうしてロケに行かせてくれたスタジオにも。このオレにも。お前のことを生んでくれた親にもだ。そうすれば、何かが見えてくる。だから、小さなことでも何でも、全てに感謝しろ。
  3. 人生も、仕事も、楽しい事だらけだよ。絶対にどんな辛い仕事の中にも楽しいことがある。それを見つけていけ。目をキラキラにして働いてみろ。そうしたら変われる。周りも変わる。絶対に腐るな。
  4. 本当に気持ち次第なんだよ。難しい事じゃない。とてもシンプル。楽しく目をキラッキラにして仕事をしていれば、仕事が上手くいくようになる。出来るようになる。絶対に。
  5. 言われたことがどんなに嫌だったとしても、そいつを見返す気で完璧にこなしてみろ。トイレ掃除でも何でもだ。そしたら相手はビックリするぞ。それは快感だ。オレはそうやってきた。喜ばれるのが好きだ。
  6. 今の若い人はみんな嫌がるけど、もっと大人と話したほうがいい。スマホ見つめてても何にもならない。生の人間ともっと関われ。それがお前のためになる。
  7. どうせやるなら2番じゃダメだ。1番じゃなきゃ意味がない。オレはスポーツも仕事も準優勝じゃ絶対に嫌だね。だから、誰にも負けないように人の何倍も努力する。そうやって頑張って3番手だったら、それでいい。1番になるために努力したことに意味がある。
  8. お前が飯を食いに店に入るだろ。その時、この人は出来る店員、できない店員って判断するだろ。お前もそうやって見られているんだ。撮影はプロが集まる場所だ。だから、自分がプロじゃないことに、恥ずかしさを覚えろ。そしたら頑張れる。
  9. プロ野球を見ろ。できない奴ですら、本当はめちゃくちゃ巧い。それでも、活躍できるのはほんの一部の選手だけだ。お前はまだ3番手のベンチだけど、いつか1番手のフィールドで活躍しなきゃいけない。そのためには、人と同じじゃ絶対にダメだ。何十倍でも今から努力しろ。変われるから。
  10. 友達なんかいらない。数人いれば充分。大勢いる奴は信用しない。人とつるんでも何の意味もない。他にやることは山ほどある。成功してから遊べ。
  11. 周りを変えようと思うな。自分を変えろ。そうすれば周りが変わってくる。後輩がついてくる。
  12. 自分が組織を引っ張れ。カメラマンになるなら。
  13. 上に上がりたいなら10年は辛くとも頑張れ。今がどんなに辛くても、30歳、40歳になってやらなかったことを後悔するより何倍もマシだ。ただし、楽しく頑張れ。
  14. カメラマンは1回でもミスすれば終わり。失敗は絶対に許されない。だから、厳しくなる。プロの世界だから。
  15. オレは休みはいらないよ。仕事が楽しいから、仕事をしながら気分転換している。休みなんか必要ない。特に若いうちはな。
  16. 本物のプロの絵を実際に見に行け。写真やるならルーブル(パリ)に見に行ってこい。写真、うまくなるぞ。

 

 

 

コラム一覧に戻る